• Shimauchi Mika

春と修羅。詩


春は、気持ちが危うい感じになる。変化も多いし体も何だか調子が狂う。目とかすげえ痒いし。さむいしあつい。春と修羅 宮沢賢治の、そのタイトルはどういう訳か私の思っていることとは多分違うのだろうけど、ああ、そうそう、そうだよね。と共感する。

宮沢賢治の詩には英語が出てくるのが好きだ。 

岩手県の田舎の景色から外国よりもっと遠くの別世界と繋がってるような。ブラックホールみたいに。

私のドローイングにも英語が入ることがある。

理由はよくわからない。かっこつけてるのかも。

でもこのまえ、これは良い詩だね。と言われたことがあった。

えっ私は詩を書いていたのか。そうかあ。

これは ポエティック ファッ という詩。 


52回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com