087A0122.jpg

しまうち みか /  美術家 

1987年、熊本県生まれ。2013年、崇城大学大学院芸術研究課修士課程彫刻専攻修了。菊池旧龍門小学校アーティスト集合スタジオを拠点に活動する。自身の心象風景として描かれるドローイングから発想されたモチーフを彫刻作品へと展開する。作品にみられる頼りない造形は、合理化やグローバル化により平均化されていく私たちに対してのアイロニーと、それでも合理的になりきれない私たちをユーモラスにあらわそうとしている。主な展覧会に、個展 「ゆらゆらと火、めらめらと土」国際芸術センター青森企画展示室A (青森、2021年)個展「自立について」福岡アジア美術館企画展示室C (福岡、2020年)、トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」Tokyo Arts and Space 本郷 (東京、2020年)など。

 

 

​MIKA Shimauchi / VisualArtist

 

Kumamoto native artist born in 1987. Graduate of Sojo University Graduate School of Art Masters with a master’s degree completed in 2013. Shimauchi is currently based in the Kikuchi Ryu-mon Artist’s Studio inside a former elementary school. 

She develops motifs from her own personal landscapes and exhibits them as sculptures and various works. The imperfections visible within the works are a motion to humorously represent the irony of the over efficiency of our lifestyles under the weight of globalization created by mankind, and yet how we are unable to fully adapt.