• Shimauchi Mika

台座について


わたしがはじめて彫刻をつくってギャラリーで展示したときは、台座を木で作って、その上に台座付きの石膏彫刻を乗せてました。ギャラリーの床に台オン台・・。台座を作ると物理的に安定するし。でもなんだか、私たち人間は床を歩いているのに台座の上にのっていると心理的距離が開いてしまうような気がしてました。実際に、彫刻においての台座は、絵画における額だとよく聞きます。

 なので美術館にいくと、彫刻作品の下にある台座をよくみます。あ、でも台座がないものも最近は多いですね。かっこいい。守られてない感じが。

#制作 #アート #日常

56回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com