November 14, 2019

November 3, 2019

October 29, 2019

October 26, 2019

October 21, 2019

Please reload

最新記事

滞在中のレジデンスのオープンスタジオです。

October 24, 2019

1/6
Please reload

特集記事

滞在中のレジデンスのオープンスタジオです。

October 24, 2019

 

 

オープン・スタジオ 2019-2020/ 11月
 会 期
2019年11月15日(金) - 2019年11月17日(日)
時 間 
11:00 - 17:00
入場料 
無料
主 催
公益財団法人東京都歴史文化財団東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース
会 場
トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー 
クリエーター
<国内クリエーター制作交流プログラム>
大坪 晶(日本|写真、映像)
しまうちみか(日本|彫刻、ドローイング)

<二国間交流事業プログラム>
カティ・ホファー(オーストリア|ミクストメディア、リサーチ)
ノーラ・レートヴォーリ(フィンランド|写真、ミクストメディア)
フロリアン・ノイフェルト(ドイツ|彫刻、インスタレーション) ※展示のみ

<芸術文化・国際機関推薦プログラム> 
クロエ・デランヘ(ベルギー|映像、写真) 
エミリア・ティッカ(フィンランド、ドイツ|映像、デザイン)※展示のみ
トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーでは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日し、滞在制作やリサーチ活動が行われています。 オープン・スタジオでは、普段はなかなか見ることのできないクリエーターの制作やリサーチ活動について展示・公開し、作家による解説やゲストを招いてのトークを行います。
7名が参加する今回は、11月16日(土)に滞在中の5名のクリエーターが自身の作品や東京での制作、リサーチ活動について発表します。
11月17日(日)にはゲストの加藤有希子氏(埼玉大学基盤教育研究センター准教授)によるスペシャルトーク「この世の毒とアーティストの使命――マイルド化する社会で」を開催します。
世界は相対的に見て、かつてより平和になりつつあり、先進国の一つである日本では近年犯罪や飢餓で死ぬ人は減少し、女性や性的マイノリティの人権なども認められるようになってきました。しかし一方で、物事の裏側ではヘイトスピーチ、炎上、自殺、精神疾患といった、様々な「毒」が満ちています。何不自由ない世界で私たちはなぜ幸せになれないのか、この世界における「毒」の役割とは何か。アートや社会現象の分析からこれらの問いに答え、行き詰った世の中でアーティストが果たすべき役割を探究します。
また、11月16日(土)、17日(日) には前回に引き続きギャラリー・ツアーを開催し、スタッフが各クリエーターのスペースにて滞在中の活動や展示作品の見どころについて日本語で紹介します。 オープン・スタジオに初めて来られる方、普段アートに接する機会をなかなか持てない方、学生の方など、ぜひお気軽にご参加ください。
施設内の見学 >> スタジオの他に宿泊室や共有スペースなどもご覧いただけます。
資料展示 >> レジデンス・プログラムの海外提携機関の各種資料を展示し、質問などにもお答えします。
二国間交流事業プログラム提携機関:
フィンランド文化財団/HIAP(ヘルシンキ・インターナショナル・アーティスト・プログラム)(フィンランド・ヘルシンキ)、
クンストハレ・エクスナーガッセ(オーストリア・ウィーン)、
ベルリン市/クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエン(ドイツ・ベルリン)


Title 
OPEN STUDIO 2019-2020/ November
Date 
2019.11.15 (Fri) - 2019.11.17 (Sun)
Time 
11:00 - 17:00
Admission 
Free 
Organize   
Tokyo Arts and Space (Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture) 
Venue
TOKAS Residency
Creator
<Local Creator Residency Program>
OTSUBO Akira (Japan | Photography, Film)  
SHIMAUCHI Mika (Japan | Sculpture, Drawing)

<Exchange Residency Program>
Kathi HOFER (Austria | Mixed Media, Research)
Noora LEHTOVUORI (Finland | Photography, Mixed Media)
Florian NEUFELDT (Germany | Sculpture, Installation)  *Exhibit Only

<Institutional Recommendation Program>
Chloë DELANGHE (Belgium | Film, Photography)
Emilia TIKKA (Finland, Germany | Film, Design) *Exhibit Only
Flyer
PDF:1269KB
Open Studio is a special occasion for the audience to see the creative process of residing creators and to hear their talks and discussion with guest speakers.
On 11/16 (Sat), five creators will give talks on their artworks and activities during the residency. In addition, there will be a special talk “Poisons of the World and the Mission of Artists in a Mildened Society” by our guest KATO Yukiko (Associate Professor, Saitama University) on 11/17 (Sun).
Relatively speaking, the world has become more peaceful than 50 years ago. In Japan -- one of the developed countries in the world – the number of crimes has declined, few people die of starvation, and human rights of women and sexual minorities are more recognized than before. However, on the unseen side of society, various “poisons” are rampant such as hate speech, flaming on the Internet, suicides, mental illness, etc. Why can’t we become happy in this super-convenient society? What is the role of “poisons” of the World? This talk answers these questions by analyzing art and social phenomena, and clarifies the role of contemporary artists.
On 11/16 (Sat) and 11/17 (Sun), we will also have Gallery Tours, which TOKAS staff will introduce residing creators’ activities and researches at each exhibition space in Japanese.
Facility Tour / Information Display:
- Visitors will have an opportunity to see the rooms and common spaces where creators stay and communicate with each other.
- We provide information on our partner institutions of exchange residency programs and answer any inquiries from visitors.
Partner Institutions:
The Finnish Cultural Foundation, HIAP (Helsinki International Artist Programme) (Helsinki, Finland)
Kunsthalle Exnergasse (Vienna, Austria)
Berlin City, Kunstraum Kreuzberg/Bethanien (Berlin, Germany)

Institutional Recommendation Program Support:
Flemish Government (Belgium) 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索