November 14, 2019

November 3, 2019

October 29, 2019

October 26, 2019

October 21, 2019

Please reload

最新記事

滞在中のレジデンスのオープンスタジオです。

October 24, 2019

1/6
Please reload

特集記事

どうでもいい、どうなってもいい

October 16, 2019

わたしは絵を描く時、

 

もうどうでもいい、どうなってもいいという気持ちが心底大事になる。

 

もっと違う言い方をするとしたら、集中する、没頭する?行く末を自然に任せる、自分を信じるとか

でもそんな言い方

くそ嫌いなんだよな。

そんな一般的な教育的なというか、使われすぎて聞くだけでも嫌になっちゃう

言葉はいやだ。

 

「どうでもいい、どうなってもいい」のほうが本当に近い。

 

そうなった時にやっと、必然的な線や色の組み合わせができてくる。

演じない、でもスピードのある、いい線が描ける。

 

パレットの上に絵の具が残ってても、それをもったいないと思う自分を見殺して、

その色を使わなくて平気になれる。

 

 

 

でもこれはまだ入り口だ。なのにこの入り口に立つまでになんて時間がかかるんだろう。

 

いや、気づいてしまった。

なんて時間がかかるようになってしまったんだろう。

 

この気持ちの作り方。どうつくればいいのか。

 

日々精進。それは、よくある言葉。出て来くるな。

もう私の中ではしみったれてしまって使えない。

しかし本当でもある。

 

でもやっぱりあんまりふだん、らしくない役割を演じすぎないことだよ。

 

 

 

 

本当はどうおもったかなんて、

自分すら日々気にして生きていないじゃないか。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索