• Shimauchi Mika

モデルを見るとき 2

全体としてみなさいと、先生はいう。 一部を見るのではなく、 全体の関係性を。 裸のモデルを 物質としてみなさいと。 そうしようとしてるのに 目が合う 全体がつかめなくなる。

自然の比率を知ることは素描においては重要で形態を正しくとらえることは

注視してしまう。 そこからかもしれない。 私が全体を捉えられなくなってしまったのは。 わたしが合理性にかけたのは。 全体を把握しようとしなくなったのは。 私はあの消火栓の赤いランプが 目についたときから 確信した、わたしは合理性を欠いた。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com