• Shimauchi Mika

【モデルを見るとき②】ひとみは濡れていたはずなのに


ひとみは濡れていたはずなのに 眼には全くといっていいほど光はなかった。

制作上の知識では 濡れていることは、つまりキラキラと光沢を作るはずだった

しかし、それはひどく真っくらだった 光が無いということは 白が無いということではない むしろ 白の中でも強いチタニウムホワイト との混色は 色の彩度を損なわせる それは、わたしは前から知っていたんだ。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com