• Shimauchi Mika

ユマ サーマンのダンス


わたしの目の前にピンク色のストローが2本と、真っ赤なマドラーのついたカクテルが出てきた。

わたしはひとりだった。 それを見て、すぐに、頭の中で、ユマサーマンがダンスをしていた。 ボーッと、それを見ていたら 偶然なのか、 同じことを思いついたのか、わからないが 隣のカップルの女性が、パルプフィクションについて話し始めた。 トラボルタがどれだけかっこいいか、あのオーバードーズの一件 カップルの男性が言った。

「それのどこがおもしろいの?」


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com