• Shimauchi Mika

ユマ サーマンのダンス


わたしの目の前にピンク色のストローが2本と、真っ赤なマドラーのついたカクテルが出てきた。

わたしはひとりだった。 それを見て、すぐに、頭の中で、ユマサーマンがダンスをしていた。 ボーッと、それを見ていたら 偶然なのか、 同じことを思いついたのか、わからないが 隣のカップルの女性が、パルプフィクションについて話し始めた。 トラボルタがどれだけかっこいいか、あのオーバードーズの一件 カップルの男性が言った。

「それのどこがおもしろいの?」


0回の閲覧

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com