• Shimauchi Mika

遅れてくる客


「あんまり早くきても間抜けだろ。」 私はいつも パーティーにすこし、早く着いてしまう。 たしかに、自分が主役でないパーティーで、あんまり早く来ても やることないし、 ぎこちない。 主催者は忙しそうにしていて、 会場にポツンと座るにも自分の後ろ姿を想像すると、なんとも間抜けだ。 かといってなにか手伝いましょうかと言っても、だいたい気遣われて断られるばかり。 だいたい、わたしはいつも パーティーが始まるまでトイレの鏡の前に立って、ぼーっとしたり、慣れてないハイヒールで遊んだりして時間をつぶした。 南嶌先生はそのパーティーにすこし、遅れてきて、 私に悪戯っぽく 「あんまり早く来ても間抜けだろ」 そう言った。 それがかっこよかったな。 それから何年もたって、 一つわかったのは、 わたしはそんな風にはできない。 それは、悲しいことじゃない。 こんな気分になることにしたよ。 花見のビニールシート役 明るい時間から、 いいところの席をみんなが来るまで待ってみる。 案外お尻がつめたかったり。 でもまだ、始まってないから暇だし、寝っ転がったりしながら 待ってる。 案外わるくない気分だよ。 でも、 花見のビニールシート役って なんであんなに間抜けなんだろうね。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com