• Shimauchi Mika

どうでもいい、どうなってもいい


わたしは絵を描く時、

もうどうでもいい、どうなってもいいという気持ちが心底大事になる。

もっと違う言い方をするとしたら、集中する、没頭する?行く末を自然に任せる、自分を信じるとか

でもそんな言い方

くそ嫌いなんだよな。

そんな一般的な教育的なというか、使われすぎて聞くだけでも嫌になっちゃう

言葉はいやだ。

「どうでもいい、どうなってもいい」のほうが本当に近い。

そうなった時にやっと、必然的な線や色の組み合わせができてくる。

演じない、でもスピードのある、いい線が描ける。

パレットの上に絵の具が残ってても、それをもったいないと思う自分を見殺して、

その色を使わなくて平気になれる。

でもこれはまだ入り口だ。なのにこの入り口に立つまでになんて時間がかかるんだろう。

いや、気づいてしまった。

なんて時間がかかるようになってしまったんだろう。

この気持ちの作り方。どうつくればいいのか。

日々精進。それは、よくある言葉。出て来くるな。

もう私の中ではしみったれてしまって使えない。

しかし本当でもある。

でもやっぱりあんまりふだん、らしくない役割を演じすぎないことだよ。

本当はどうおもったかなんて、

自分すら日々気にして生きていないじゃないか。



70回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com