• Shimauchi Mika

カウボーイ


TSUTAYAのレンタルDVDの量、 図書館にある膨大な本の量 突きつけられる、知らないもの それを見たとき

私はなんか、ゲームオーバーみたいな気持ちになる。 私は、全部を見ることができないし、 これらの全体を把握することすら出来ない。

西部劇なんかを、想像してみる。

きっと世界には100くらいの西部劇があるんだろう。もっとあるのかな。

カウボーイ、キイキイいう変な酒屋のドア、高いカウンター、ロープ。ロッキングチェアー。

私は一度も見たことないんだけどね。

やっぱり私の頭から超えられない。

私は今、ここから

せいぜい、

1、2冊借りて、

おもしろがったり、

おもしろがらなかったり、

わかったり、

わかんなかったりするんだろう。

そんな気持ちになったんだよ


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com