• Shimauchi Mika

N先生のことば


N先生のことば 「しまうちには何もないんや。ただ、しまうちの周りにふわふわ何か漂っていて、しまうちは、それを捕まえてるだけなんや・・・・・」煙草の煙と一緒に出てきた。 2秒くらい止まった。なぜかといえば、その2秒間未熟な私は、「しまうちには何もない」にのみ焦点が合ってしまったからだ。 そして、2秒後、その2秒間ですっかり大人になった私は全体を見渡した。 そして理解した。 とてもいい言葉を貰ったな。 なんかあの先生の言葉はいつも、すごくほんとうなんだよな。 なんか、役割からの言葉じゃない新品の言葉のような気がする。 私も、先生という立場に立つことがあるけど、なんか変になることが、よくある。 なんか、いい事を言おうとしちゃうんだよな。 アドバイスしなきゃとか思ってしまう。 間違ってるよ。 それは。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com