• Shimauchi Mika

「楽しむ」ことについて


いつだって、心の底から楽しむのは難しい 今まで、最後の最後まで、楽しかったことなんてあったか。 トッポみたいに。最後までチョコたっぷりみたいにさ。 お金をたくさん使ったあとの気持ち。 ラブホに泊まって、目覚めた次の日。 飲み会のあと、空き缶だらけ、二日酔い。 旅行から帰る日。 飲んでたタピオカが全部飲んで無くなったとき。 嫌んなっちゃう。 始まりはみんな素敵だったのになあ。 楽しむのはほんとうに難しい。 


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com