• Shimauchi Mika

ここではないどこか、もしくは、どこかではなくここ


ほんとうは、なりふり構ってられないのに 母国語だと、雄弁であると、物分かりの良いふりをすると、それが出来なくなる。

つい、間違えてしまう。 だから不自由さのなかにに入り込む理由があるのだと思う。 言葉が通じなかったり、わかってもらえなかったり、そんな時、わたしはなりふり構ってられない。 ふと思い出す。 不自由なのはどっちか 


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com