• Shimauchi Mika

額縁について


B4サイズにあまりにも合理的に印刷されたピカソ作 「アビニョンの女」のポスターが黄ばんだプラスチックの安っぽい額縁に入っていた。 

中学校の美術準備室。

私は、ピカソといえば、今まで、それを頭がよぎっていた。 だからか、古臭いイメージだった。そして胸焼けがするような感じ。 でもパリのピカソ美術館にいって、あんまり素晴らしくて、本当に好きになってしまった。 そこの絵には、その絵のためだけの額に入っている。 ピカソの絵はそれぞれが人格みたいなものを持っていて額を選ぶ。時代によっても額を着替えたがる、なんかゴージャスでわがままな絵だと思う。 ベルベットの額に入っていたピカソ作品があったと、中尾さんに聞いた。うん、彼の絵はそれがふさわしい。 


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com