• Shimauchi Mika

ピカソについて


ピカソのミノタウルスシリーズが好きだと、人に言うのがすきだった。なんか通っぽいような気がして。 本当に好きでもある。 特に「女に見られて眠るミノタウルス」なんかすごく見ていると嬉しくなる。 そもそもミノタウルスシリーズがとってもエッチなシリーズでもあるんだけど、女に見られて眠るミノタウルスって、すごく素敵なんだよなあ。やりたい放題の荒々しいミノタウルスが女の人に見られて安心して眠るって、すごく嬉しくなる。 ピカソは、主にキュビズムをやるけど、本当にミノタウルスシリーズではキュビズムからフォーブ、具象まで行ったり来たりする。 エロスのシーンほどキュビズム、フォービズムになって、「瀕死のミノタウルス」なんかは、ものすごくセンチメンタルに具象になる。あ、やばい死ぬって時ほどすごく世界がクリアに冷静に見えたりして、まわりの人が優しく見えるんだよな。 このシリーズを見てると、え、逆にこんな表現が行ったりしていいの?ても思う。びっくりする。 でも本当なんだ。これは人に納得させるための作品じゃないんだ。 それを熊本の美術館で見てから、 私はピカソはミノタウルスシリーズが好きだと、ドヤ顔で言ってたんだけど、 よくよく考えると、ピカソをそう見たことがないだけなのかもとも、最近気づいた。 晩年の膨大な作品をぽつぽつといろんな美術館で見たことはある。 あんまり見たことなかったから、シリーズで見たミノタウルスシリーズが好きなのかもしれない。と思うと、ゾッとした。 ピカソはすごい。 


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com