• Shimauchi Mika

クリスマス 、ニューヨーク、ライ麦畑で捕まえてごっこ


 昨年、トランジットのためニューヨークに一泊できることになった。ちょうどクリスマスイブの日だった。 ただレジデンスが終わってすぐの旅行で、1ヶ月分の荷物も手元にあり、体力も精神もへろへろに疲れ果てていて、飛行機も遅れるし、色んな調子がよくなかった。 携帯の充電器を忘れてしまうし、調子にのってかっこよく見えるように薄着をしてしまったし、よく地図とか下調べもせずにいてしまった。

 ニューヨークのクリスマスは、私の大好きな 小説、ライ麦畑で捕まえての舞台なのだ。 ニューヨーク、クリスマスというシチュエーションは、ゴッドファーザー、ホームアローン2とかもだね。

ライ麦畑で捕まえて は ホールデンがニューヨークを彷徨う話だ。 小説に出てくる、もちろん美術館もいきたいけど、たった一日しか過ごせないから、まずセントラルパークを目指した。 ただ、セントラルパークの入り口が分からない。 セントラルパークは目の前にあったのだけれど、入り口がなくて入れない。やっとの事で入り口らしいところをみつけた。セントラルパークの湖は凍っていなかった。

あと、一番見たかったのがセントラルパークにある、ラストシーンのフィービーが乗っていたメリーゴーランドだ。

でも、そのころには日が暮れていて、私はどうしようもなくまよってしまった。何故こんな迷ってしまったかというと、携帯の電池も切れて、グーグルマップは開けないし、メリーゴーランドのところは早々と営業を終わらせ、それらしい光みたいなものを探していたのに、見えなかったからだ 。見つけたときにはシャッターが降りていた。たまたま警察がいたから、ここがセントラルパークの回転木馬かと聞いてみた。彼らはそうだよ、明日の朝には開くから明日来たらいいよといった。その時私はもうニューヨークにいないのだけど、、。「そうするよ」と言った。 せっかく行ったのに開いてないなんてよくあることだ。そして、わたしはホールデンが、回転木馬に乗るフィービーを見ていただろうベンチに座ってみて、こういう気持ちも悪くないと思った。 結局、セントラルパークを出るのにも2時間近くかかった。脳みそが働いてなくてでたらめに歩いていたんだろう。でもメトロポリタンミュージアムもチラ見できたし、(オセアニア美術に一番感動した)早足でチェルシーのギャラリーもチラ見できた。帰り方も調べ忘れたので、色んな人に聞きまくり、間違ったところにも連れていかれたが、最後本当にこまったときには誰か助けてくれるもので、なんとか私は終電に乗れた。


56回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com