• Shimauchi Mika

VSCアーティストインレジデンスを終えて③


この世界は私を受け入れてくれるかもしれない。という錯覚を手に入れたように思う。 これが私が得た、とてもいいものだ。それは本当にいいものだよ。 理解しようとしてくれるし、社交辞令ではないコミニケーションがとれた。

(うまく振る舞えなかっただけかもしれない) それを感じて、とても気が楽になった。やることも見えた。

いろんなことに向き合ったり付き合ってしまったりするけど、向き合うべきは作品だと、 当たり前だけど、間違わないようにする。 美術には、タネも仕掛けもない。安心して委ねていい。

英語でプレゼンするときや、すごく緊張したりしたとき、自分なんかどうとでもなってしまえと思えた。

あんまり大切にしすぎると動けなくなってしまう。

日本でもどこでもそうだと思う。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com