• Shimauchi Mika

アメリカのアーティストインレジデンスを終えて②


滞在中にはたくさんのイベントがVSC(バーモントスタジオセンターアメリカ)には用意されていて、レセプションやキャンプファイヤーや、プレゼンテーション、カラオケ大会、オープンスタジオ、近くの街のお祭り、などなどがある。そのなかでもアメリカらしい(?)ダンスパーティーが一番印象深かったイベントだ。施設の一室をダンス会場にして音楽をならしながら踊る。ダンス?踊れないよ〜、と言って行かないどこうと思っていたが、誘われたことが嬉しくてほいほい参加してみた。そこで一番感じたことは、さっきの自分の「ダンスを踊れないってどういうことだろう。」ということだ。私の小さい甥っ子も習わなくとも1歳のころにはダンスできていた。それはきっと「上手にダンスが踊れないと恥ずかしいからダンスが踊りたくない。」というのが私の理由だったんだなとおもった。笑われたらどうしようとか、一人で「ぼっち」になったらどうしようとかそういう外から自分がどう見えるかで、判断を下そうとしていた自分がいた。そこでダンスしているのは、踊りたいから踊る人だらけだった。うまく踊れるからとか、じゃなくて。

ただ踊りたいから踊る。あと、なんか嬉しいことがあると踊ったりもする。すごいなあ

世界に飛び出る、ボーダーを超える、ていうフレーズはかっこよく聞こえるけど、私はそんなかっこよくできなくて、ただただ、自分の自分で築いてしまった壁を壊され、そこからなにが漏れ出たか何かが入り込んできた。という感覚が強い。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com