• Shimauchi Mika

2018年3月31日から福岡、赤坂のWHITE SPACE ONEで個展を開催します。


しまうちみか 個展 ー境界線からみえる風景ー しまうちみかは、1987年 熊本県生まれ。現在、熊本を拠点に制作活動を行う。最近ではドローイングで描いた単純な線から彫刻に起こしていくシリーズを制作。凸凹した表面が浮き立つ感覚的な造形の中に、しまうち自身の衝動を立体的に現していく。 ■開催日時 2018年 3月 31日(土) − 4月14日(土) 13:00-19:00 ( 3月31日〜4月5日 ) ※BAR TIMEはCLOSE 13:00-23:00 ( 4月6日〜4月14日 ) ■休廊日 4月4日(水)と4月11日(水)は休廊日 ■ギャラリートーク 2018年4月7日 (土) 17:00-18:00 今回の展覧会について、また過去の作品や活動についてお話をお聞きします。トーク終了後、レセプションを行います。 話し手 : しまうちみか (現代美術作家)  聞き手 : 齋藤 一樹 (WHITE SPACE ONE) ■会場 WHITE SPACE ONE 福岡県福岡市中央区赤坂1-14-24


43回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com