• Shimauchi Mika

最後の場所


美術評論家であり、熊本市現代美術館長を務め、その後は女子美術大学で教鞭をとっていらっしゃった南嶌宏先生の本です。私が高校生のときに、美術史のなかでは、登場人物がほとんど男性作家でしたが、熊本でマリーナアブラモヴィッチや草間彌生やアン・ハミルトン等のバリバリ現役の女性作家の作品を身近にみることで、アートの世界にすんなり入れたような気がします。少しでも多くの方に読んでほしい本です。

美術評論家であり、元熊本市現代美術館の館長、女子美術大学で教鞭をとられた南嶌宏先生の美術評論本が出版されました。

南嶌先生が熊本市現代美術館に務められていたとき、私は高校生でした。それまで学んだ美術史の登場人物はほとんど男性でしたが、その当時の熊本市現代美術館では草間彌生や、マリーナ・アブラモヴィッチ、アン・ハミルトン等のばりばり現役の女性アーティストを間近で見ることができました。よく見えにくい美術の世界に踏み出す優しい手引きだったように思います。

少しでも多くの人に読んでいただきたいです。


39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ