• Shimauchi Mika

借り物競争


信号、テールランプの光

看板のネオンサイン

穏やかに進む3車線



この景色を、たったもう一度だけみたいと思う時が来るかもしれないと思った


今、私は

これを見ることができない世界から、

私は帰ってきた。

この身体と、この肌と、この視力、

そこまで格好良くないけど

でも全部ここに存在するための

借り物だと思えばとても気が楽になる


君も、これも、ここも、一時の借り物だと思えば気が楽になるし、返すことを考えると、大切に扱える。


レンタルビデオ屋の、DVDみたいにさ

ガサガサにしちゃダメだよ





21回の閲覧

最新記事

すべて表示

山の木が一本倒れ落ちたことについて

遠くの山の木が一本 確かに倒れ落ちた ゆっくり倒れ落ちたということは その木はわたしより何倍も背が高いということ そして、 そんなに大きな木が倒れ落ちたのに 音は聞こえなかった それは車で爆音で音楽を聴いてたからじゃない それはわたしのせいじゃない ただただ遠くにあったからだ

作品について

もしかしたら みんなわかってくれているかもしれないし わかってくれないかもしれないけど 精一杯 平気にみせる 一生懸命 なんでもないようにみせる ストイックに のびのびと みせてるんだ 意味ありげにしたりするのは、 違う それをすることが 大事なことだって信じてる 子供でさえ、そうすることがあるよね そういうときに 心打たれるときがあるということ それだよ、私がいいたいのは せいぜいそのくらいだ

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com