トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の国内クリエーター制作交流プログラムに参加します。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の国内クリエーター制作交流プログラムに参加します。 国内で活動するクリエーターを対象に、海外のクリエーターとテーマに沿った対話や議論の場をとおして、制作や活動の機会を提供するプログラム。 サポート内容 滞在費、制作費、居室、シェアスタジオを提供 滞在期間 9月~11月の間の約3ヶ月間

銀座ガレリアグラフィカでのグループ展に参加しています

告知がなかなか遅れていてすみません、 昨日より、東京、銀座の ガレリアグラフィカさんのグループ展に参加させていただいてます。 関東近郊の方は是非お越しくださいませ。 S mall Works 2019 (平面・立体) 8月26日(月)-9月7日(土)  11:00-19:00 日曜休廊 最終日16時まで 7回目となる本展は2017・18年にガレリア・グラフィカbisにて展示した作家36名による小品展です。 作家は個展では大きい作品を展示する場合が多いですが、実際に大作を購入し自宅で展示をするのは難しいものです。 本展のコンセプトである「日常にアートを届けたい」をテーマに、 購入しやすさ、生活空間に取り込みやすさを考え、 前回までと同様にサイズは30cm以内、価格は10万円以内としております。 お近くへお越しの際は是非ご高覧ください。 写真は昨年の展示の様子です。

ワンペア程度

ワンペアだと一応上がれる。 ポーカーのルール。 私はポーカーをアイフォーンでしかしないから、詳しくないんだけど。 最初に配られる手札で、私はワンペア程度だった。 さて、私は、最初の手札で、フラッシュ、もしくはフルハウスとか、デカい役になってる人をたまに見かける。 そんなやつほど、ポーカーフェイス。強いやつ。 勝ち目のないゲームと思うと勝手に凹む。 ただ、私のすこしいいところは、このゲーム自体が好きで、楽しんでいるところだ。 また、最初の手札が全てではなくて、もう一度、カードが配られる。これが楽しいところだよね。 私は、最近それがちょっといい。 おっと。 ポーカーフェイスしなきゃ。

わたしのコレクション 中園孔二さんの絵

2016年この絵は東京で買った。無題。ぜんぜん迷いがない。いろんな理由で人はお金を払う。下世話なことをいうと、この絵は中古の軽トラック1台は余裕で買える値段だった。私は右手に見える手が良くみたら血が噴き出しているようなんだけど、この絵を見たときはグローブをつけているようにも見えた。から買った。このとき私は、地震が起きて、仕事が中断。余震のある中に、早朝にパンを作る仕事をして、それで買った大切な作品。 「でもとにかくさ、だだっぴろいライ麦畑みたいなところで、小さな子ども達がいっぱい集まって何かのゲームをしているところを、僕はいつも思い浮かべちまうんだ。何千人もの子どもたちがいるんだけれど、他には誰もいない。つまりちゃんとした大人みたいなのは一人もいないんだよ。僕のほかにはね。それで僕はそのへんのクレイジーな崖っぷちに立っているわけさ。で、僕がそこで何をするかっていうとさ、誰かがその崖から落ちそうになる子どもがいると、かたっぱしからつかまえるんだよ。つまりさ、よく前を見ないで崖の方に走っていく子どもなんかがいたら、どっからともなく現れて、その子をさっとキャッチするんだ。そういうのを朝から晩までずっとやっている。ライ麦畑のキャッチャー、僕はただそういうものになりたいんだ。たしかにかなりへんてこだとは思うけど、僕が心からなりたいと思うのはそれくらいだよ。かなりへんてこだとはわかっているんだけどね。」村上春樹訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」単行本P286-287

ここではないどこか、もしくは、どこかではなくここ

ほんとうは、なりふり構ってられないのに 母国語だと、雄弁であると、物分かりの良いふりをすると、それが出来なくなる。 つい、間違えてしまう。 だから不自由さのなかにに入り込む理由があるのだと思う。 言葉が通じなかったり、わかってもらえなかったり、そんな時、わたしはなりふり構ってられない。 ふと思い出す。 不自由なのはどっちか

共同スタジオ 熊本県 菊池市旧龍門小学校アーティストスタジオの様子

令和元年7月27日土曜日 初めての合同オープンスタジオが行われました。1時から菊池市長の江頭実氏がモデルになり、スタジオで私と菊池市地域おこし協力隊アートクリエーターの東耕平氏の粘土の制作とアトリエメンバーの森元嶺氏のデッサンのパフォーマンスがありました。お越し下さった方々ほんとうにありがとうございました。また、今回たくさんお問い合わせをいただきました。お越しに来られなかった方々、これからもオープンスタジオを行なって参りたいと思います。よろしくお願いいただきます。(写真撮影:伊藤亮) 共同スタジオの詳細 facebookページ⬇️ https://www.facebook.com/菊池龍門アーティストスタジオ旧龍門小学校-607925316282399/

© 2018 by SHIMAUCHI MIKA. Proudly created with Wix.com